注口土器 ちゅうこうどき

土器・土製品類 / 縄文 / 岩手県 

上平遺跡
縄文時代晩期/1000年前

縄文時代も晩期になると,東北地方ではそれまでの深鉢形や浅鉢形に加え,さまざまな器種の土器がつくられるようになります。注ぎ口のついた注口土器もそのひとつで,三叉文や雲形文といった精緻なレリーフ文様が丁寧に表面を飾っています。

作品所在地の地図

関連リンク

注口土器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

深鉢形土器/岩手県盛岡市繋字館市出土
柿ノ木平遺跡出土伏甕
馬場小室山遺跡第51号土壙出土縄文土器
双口土器
浅鉢形土器
ページトップへ