台付浅鉢形土器 だいつきあさばちがたどき

その他の画像全2枚中2枚表示

考古資料 / 縄文 / 青森県 

出土地:青森県つがる市木造亀ヶ岡出土
縄文時代(晩期)・前1000~前400年
土製
1個

縄文時代晩期に東北地方で盛行する大洞+おおぼら+式土器は、美しい文様とともに多彩な器種を誇ることでも著名で、深鉢・鉢・浅鉢・台付浅鉢・壺・注口土器・香炉形土器から構成されます。時期ごとに器種の割合は変化し、台付浅鉢形土器は大洞式土器でも後半段階に登場します。

作品所在地の地図

関連リンク

台付浅鉢形土器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

深鉢形土器
台付二枚貝形土器
四脚付鉢形土器
長胴異形壺形土器
皿形土器
ページトップへ