台付二枚貝形土器 だいつきにまいがいがたどき

考古資料 / 縄文 / 青森県 

出土地:伝青森県岩木川流域出土
前1000年~前400年 縄文時代
土製
高10.4 (器)最大径18.4 最小径15.4 (台)最大径9.3 最小径8.5
1点

縄文時代晩期の東北地方を中心に分布する亀ヶ岡文化の土器。二枚貝を模した鉢部や磨消縄文(無文部と縄文部を沈線によって区画する文様)による雲形文が特徴的である。亀ヶ岡文化では、亀ヶ岡式土器(大洞式土器)や遮光器土偶で知られるように精巧な作りの土器、土製品、石製品などが多数製作されたが、本品はその特徴をよく示す土器である。

作品所在地の地図

関連リンク

台付二枚貝形土器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

深鉢形土器
皿形土器
四脚付鉢形土器
長胴異形壺形土器
土版
ページトップへ