腰飾 こしかざり

考古資料 / 縄文 / 岩手県 

出土地:伝岩手県陸前高田市門前貝塚出土
3000年前~2300年前 縄文時代
骨角製
縦15.5 横10.0 高2.0
1点

鹿角製。縄文時代晩期の東北地方を中心に分布する亀ヶ岡文化の骨角器。片面に施された三叉文風の文様が特徴的である。先端は欠失し、修理で補われている。亀ヶ岡文化では、亀ヶ岡式土器(大洞式土器)や遮光器土偶で知られるように精巧な作りの土器、土製品、石製品などが多数製作されたが、本品はその特徴をよく示す骨角器である。

作品所在地の地図

関連リンク

腰飾チェックした作品をもとに関連する作品を探す

亀形土製品
土版
皿形土器
四脚付鉢形土器
長胴異形壺形土器
ページトップへ