文化遺産オンライン

注口土器

ちゅうこうどき

作品概要

注口土器

ちゅうこうどき

考古資料

出土地:青森県三戸郡五戸町切谷内大久木

縄文時代 4000年前~3000年前

土製

直径17.8 高18.0

1口

縄文時代後期の東北北部から北海道南西部にかけて出土する土器である。注口部を動物の口に見立て、口縁部に両眼と耳を、底部に四脚を配して動物を模し、さらに半肉彫技法による縦方向の弧状文で編籠や籃胎漆器を模しているなど、縄文人の豊かな表現力を知ることができる作例である。縄文時代後期は、中期以来の煮炊用の深鉢に加え、祭祀用や貯蔵用の鉢、浅鉢、台付浅鉢、注口土器、壺などの多彩な器種で構成された土器群が初めて列島全域に展開する時期である。その背景には、社会や生活様式の大きな変化があったと考えられている。

注口土器をもっと見る

九州国立博物館をもっと見る

キーワード

土器 / 縄文 / / 浅い

関連作品

チェックした関連作品の検索