赤楽茶碗(無一物)〈長次郎作/〉 あからくちゃわん(むいちもつ)〈ちょうじろうさく〉

工芸 / 安土・桃山 / 近畿 

長次郎
兵庫県
桃山
赤褐色軟質陶胎。短円筒形で低い高台を付す。縁は内反りに薄めの丸縁で、下方に従って肉厚となり底が部厚い。内外全面に低火度の赤楽釉をかけうr。釉は艶がなく内側面の釉一部は白…
口径11.2 高8.5 高台高0.7 同径5.0 (㎝)
1口
公益財団法人頴川美術館 兵庫県西宮市上甲東園1-10-40
重文指定年月日:19710622
国宝指定年月日:
登録年月日:
国宝・重要文化財(美術品)

低火度の赤楽釉をかけたいわゆる楽茶碗である。すでに重要文化財に指定されている黒楽茶碗「大黒」とほぼ同態の作調である。素地・釉調から天正年間後期の作と認められ、長次郎赤楽茶碗の代表作であり、茶道史上、陶磁史上においても桃山時代における重要な作例である。松平不昧公所持の中興名物として古来著名な名碗である。

作品所在地の地図

関連リンク

赤楽茶碗(無一物)〈長次郎作/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

赤楽茶碗(太郎坊)〈長次郎作/〉
黒楽茶碗(俊寛)〈長次郎作/〉
黒楽茶碗(ムキ栗)〈長次郎作/〉
黒楽茶碗(青山)〈道入作/〉
黒楽茶碗 銘 末広
ページトップへ