唐津茶碗(三宝) からつちゃわん(さんぽう)

工芸 / 安土・桃山 / 近畿 

大阪府
桃山
素地は暗褐色にこげた唐津独特の荒く堅い土。やや青みを帯びた濁りのある釉薬が厚く腰までかかり、全面に荒い貫入がある。形は縁がやや端反りぎみとなり、高台が低く大きい安定した…
高8.0 口径15.7 高台径6.0 (㎝)
1口
和泉市久保惣記念美術館 大阪府和泉市内田町3-6-12
重文指定年月日:19560628
国宝指定年月日:
登録年月日:
和泉市
国宝・重要文化財(美術品)

古来より唐津の名碗とされ、元禄頃に坂本周斎が編した『中興名物録』(千家名物記)にも中尾唐津と共に上げられている。元は萩原近江守が所持し、その後、上田宗五(冬木喜平次)、松平、南三井家などを経た。

作品所在地の地図

関連リンク

唐津茶碗(三宝)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黄瀬戸立鼓花生〈銘旅枕/〉
白天目茶碗
堅手茶碗(長崎)
志野茶碗〈銘卯花墻/〉
井戸茶碗(柴田)
ページトップへ