黄瀬戸立鼓花生〈銘旅枕/〉 きせとりゅうごはないけ

工芸 / 安土・桃山 / 近畿 

大阪府
桃山
素地はわづかに鉄分のある陶胎で、内外全面に黄瀬戸釉が比較的厚くかかる。器形は胴がくびれ、口と裾の開いた鼓形で、低く広い高台がついている。底は糸切りの痕があり、高台は後か…
高19.0 径2.8 (㎝)
1口
和泉市久保惣記念美術館 大阪府和泉市内田町3-6-12
重文指定年月日:19590627
国宝指定年月日:
登録年月日:
和泉市
国宝・重要文化財(美術品)

もと利休が所持し、百会に使用したと伝えられ、後に竹田道安の蔵となったとされている。黄瀬戸の花生は稀少なものだが、知られているなかでも器形、釉調の優れたものである。

作品所在地の地図

関連リンク

黄瀬戸立鼓花生〈銘旅枕/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黄瀬戸花入
青磁鳳凰耳花生〈銘万声/〉
唐津茶碗(三宝)
黄瀬戸立鼓花生
響銅水瓶
ページトップへ