響銅水瓶 きょうどうすいびょう

工芸 / 奈良 / 近畿 

大阪府
奈良
響銅鋳成、挽物仕上げ。口の開いた細く長い頸とやや肩を張り、腰の締まった蕪形の胴、裾開きの台脚からなる器形で、共金の底を嵌める。頸の下端、胴の肩に一条の圏線を浮き立たせ、…
総高22.8  台脚高2.6  口径5.6  頸径2.1  胴径12.2  底径8.1 頸部高10.3  (cm)
1口
和泉市久保惣記念美術館 大阪府和泉市内田町3-6-12
重文指定年月日:19600609
国宝指定年月日:
登録年月日:
和泉市
国宝・重要文化財(美術品)

本来は蓋をそなえた水瓶と考えられ、法隆寺伝来の水瓶と伝来を同じくするものであろう。

作品所在地の地図

関連リンク

響銅水瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

響銅水瓶
黄瀬戸立鼓花生〈銘旅枕/〉
響銅王子形水瓶及び承盤
青磁鳳凰耳花生〈銘万声/〉
銅仙盞形水瓶
ページトップへ