堅手茶碗(長崎) かたでちゃわん(ながさき)

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸 / 関東 

東京都
李朝
素地はわずかに鉄分を含んだ灰白色の磁胎。これに透明性の白釉が豊かにかかり、腰以下は露胎である。堅く焼き締まって露胎の部分は赤褐色に焦げた、厚く重い作りの茶碗である。器形…
高7.6 口径13.2 高台径5.8 (㎝)
1口
東京都港区南青山6-5-1
重文指定年月日:19531114
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人根津美術館
国宝・重要文化財(美術品)

素地の堅い、今日でいう時期を古来茶人は堅手とよんでいる。口部が楕円形にひずみ、全面にかかった白釉が青味かかったもので、堅手茶碗の優品である。
もとは、医師の長崎久太夫が所持していたため、小堀遠州が「長崎」と銘をつけて愛蔵していたが、これを大徳寺狐篷庵に寄進した。後に、松平不昧が譲り受けて愛用し、雲州松平家に伝わった。不昧公が愛用した堅手のうちでも有名なもので、中興名物とされている。

作品所在地の地図

関連リンク

堅手茶碗(長崎)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

堅手茶碗 銘長崎
雨漏茶碗
金襴手下蕪花生
白天目茶碗
青磁茶碗〈(馬蝗絆)/〉
ページトップへ