青磁茶碗〈(馬蝗絆)/〉 せいじちゃわん〈(ばこうはん)〉

その他の画像全4枚中4枚表示

工芸 /  / 関東 

東京都
南宋
僅かに灰色を帯びた鉄分のある磁胎に、粉青色の青磁釉が比較的薄く、全面にむらなくかかる。高台は低く小さく畳付きは露胎で、褐色を呈する。器形は、口縁に六ヵ所の切り込みを付け…
総高6.5 口径15.0 高台径4.6 (㎝)
1口
東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19700525
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

砧手にて形姿、釉調共に清楚端麗、品格高く、極めて稀な優品で、古来より著名である。古くに我が国に渡来したらしく、享保12年、伊藤東涯が角倉家において実見し『馬煌絆茶甌記』を記し、その伝来を述べている。その後京都室町三井家に伝わった。中国浙江省龍泉窯と推測される。

作品所在地の地図

関連リンク

青磁茶碗〈(馬蝗絆)/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

青磁鉢
堅手茶碗(長崎)
青磁鳳凰耳花生〈銘万声/〉
越州窯青磁四耳壺
青磁袴腰香炉  
ページトップへ