Bowl with Foliate Rim Celadon glaze; known as “Bakohan”

Details

Bowl with Foliate Rim Celadon glaze; known as “Bakohan”

ceramics / Song Dynasty

Longquan ware, China

Southern Song dynasty, 13th century

陶製

高6.7 口径15.4 底径4.6 重290

1口

Important Cultural Property

「砧」とは本来絹布を槌で打ってのばすための台を指すが、日本では最も美しい青磁を指して使う。茶人たちのあいだで、16世紀後半より槌形の花入を指して「砧」と呼んだことや、青磁釉の罅(貫入)から砧打ちの音の響きが連想されたことが記録に知られる。

Related Works

Search items related to work chosen