大室古墳群 おおむろこふんぐん

その他の画像全5枚中5枚表示

古墳 / 中部 

長野県
長野市松代町
指定年月日:19970728
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

大室古墳群は長野県市街の南東約六キロメートルに所在し、前方後円墳一基を含む五世紀前半から八世紀にかけて築かれた合計五〇〇基以上の古墳からなる。古墳は、千曲川の南側の丘陵から派生する三つの屋根上と、それに挟まれた二つの谷部に立地し、標高は三五〇から七〇〇メートル、約二・五キロメートル平方の範囲に分布する。古墳群は、西から金井山、北谷、霞城、大室谷、北山の大小五つの支群に分かれ、さらに各支群は十数基あるいは数十基の小支群に細分される。今回指定する大室谷支群は、約二四〇基の古墳で構成され、支群としては最大の規模をもち、発掘調査によってその内容が判明している。
 本古墳群は大規模であることに加えて、二つの大きな特徴をもつことで学界では著明である。その一は、墳丘を石を用いて構築した、いわゆる積石塚が古墳群中の大半を占めていることである。昭和二十年以降、栗林紀道が精力的に行った基礎的な分布調査と、昭和四十五年から長野市が実施した分布調査の結果によると、総数五〇五基の古墳のうち、積石塚は四〇〇基以上存在し、特に谷部にある北谷支群、大室谷支群に集中して分布することが明らかとなった。積石塚の墳形は、ほとんどが直径一〇メートル程度円墳であるが、長方形墳の形態をとるものも存在する。わが国では極めて稀な存在である積石塚が、これだけ多く密集する古墳群は国内には他に存在しない。
 その二は、埋葬施設として横穴式石室あるいは箱式石棺が主体をなす本古墳群の積石塚のなかに、合掌形石室と呼ぶ特異な構造を備えたものが存在することである。石棺・石室の天井部に板状の石を三角形の切妻…

作品所在地の地図

関連リンク

大室古墳群チェックした作品をもとに関連する作品を探す

津田古墳群
箕谷古墳群
巨勢山古墳群
小幡北山埴輪製作遺跡
曲崎古墳群
ページトップへ