永納山城跡 えいのうさんじょうあと

その他の画像全2枚中2枚表示

城跡 / 飛鳥 / 中国・四国 

愛媛県
7世紀後半
西条市河原津、今治市松山
指定年月日:20050714
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

永納山城跡は、愛媛県中部、高縄半島の東付け根に所在する古代山城跡である。北方には芸予諸島が瀬戸内海を横断するように続くのが一望でき、周辺の来島海峡は古くから瀬戸内海の交通・軍事等の要衝となっている。瀬戸内海は大陸から畿内地方に通じる海上交通の大動脈であり、沿岸には石城山神籠石、鬼城山、大廻小廻山城、城山、屋島等の古代山城跡が防衛の拠点として所在する。
永納山城跡は、南北約1.0km、東西約0.8km、標高約130mの永納山と、その北西部に位置する南北約0.2km、東西約0.3km、標高約130mの医王山の二つの独立した山塊上に立地する。昭和52年の分布調査により発見され、平成14年度からの東予市教育委員会による確認のための発掘調査の結果、山塊上に花崗岩製の切石列と土塁を確認した。
永納山の南西部から南部、東部にかけては、尾根筋から尾根斜面にかけて岩盤の露出が顕著であり、垂直に切り立った露岩により絶壁となる場所も見られる。北東部や北部は山頂から尾根が比較的緩やかな傾斜で延び、北の谷へ向かい下っていく。西部は多少の起伏はあるものの比較的緩やかに尾根が延び、岩盤はさほど顕著には見られないが、医王山方向へは急傾斜で尾根が下る。医王山は山肌各所に岩盤が露出し、場所によっては垂直に切り立っている。
永納山城跡の外郭線は、山の尾根からやや下がった外側斜面に直線的なものが屈曲しながら続き、尾根の傾斜に沿うように東西約470m、南北約720mの範囲で巡らしており、全長は約2.5kmを測る。外郭線は絶壁状に切り立つ岩盤を巧みに利用したもので、岩盤間には花…

作品所在地の地図

関連リンク

永納山城跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

唐原山城跡
白山城跡
志布志城跡
鎌刃城跡
宇江城城跡
ページトップへ