黒楽茶碗(俊寛)〈長次郎作/〉 くろらくちゃわん(しゅんかん)〈ちょうじろうさく〉

工芸 / 安土・桃山 / 関東 

長次郎
東京都
桃山
手捏による腰の張ったやや低い軟質陶胎半筒形の茶碗である。口縁を内に抱え込み胴中ほどをわずかに絞り腰は強く曲がり、高台脇にかけて面取り風の箆削りを施す。見込みは広く中央に…
高7.9  口径11.3  高台径4.8  (㎝)
1口
三井記念美術館 東京都中央区日本橋室町2-1-1三井本館7階
重文指定年月日:19960627
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人三井文庫
国宝・重要文化財(美術品)

 天正年間(一五七三-一五九一)に千利休の好みを受けて「宗易形」といわれる茶碗を創出した楽焼きの創始者長次郎の作品は茶碗を中心に手捏により内窯焼成により製作された。
 長次郎の楽茶碗には赤楽・黒楽の二種があり、ともに半筒型を基本とするが、楽焼黒茶碗〈大黒〉(重要文化財)、楽焼黒茶碗〈東陽坊〉(重要文化財)、赤楽茶碗〈無一物〉(重要文化財頴川美術館蔵)に代表される、ふっくらと丸い腰から口縁に向かってまっすぐ立ち上がり口縁が内にわずかにすぼまる作と、本作品のように腰の張った相対に作為の強い作があり、後者の代表作として本碗はつとに名高いものである。
 柔らかみのある端正な姿に黒釉がよく調和し、落ち着いた佇まいを示す長次郎の黒楽茶碗の優作である。

作品所在地の地図

関連リンク

黒楽茶碗(俊寛)〈長次郎作/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

赤楽茶碗(太郎坊)〈長次郎作/〉
黒楽茶碗(ムキ栗)〈長次郎作/〉
堅手茶碗 銘長崎
黒織部茶碗(冬枯)
黒楽茶碗(時雨) 光悦作
ページトップへ