版画江戸近郊八景図〈安藤広重筆/錦絵横大判〉

その他の画像全8枚中8枚表示

絵画 / 江戸 / 関東 

安藤広重
江戸
8枚
重文指定年月日:19640526
国宝指定年月日:
登録年月日:
国宝・重要文化財(美術品)

風景版画家の第一人者として江戸市民の人気をあつめた広重が、その名声を決した「東海道五十三次」についで、最も好んで多く描いたもの。天保年間の作とみられる錦絵横大判のこれら八図は構図、色調ともにすぐれ、日本人の叙情と哀感を深く表現する。「五十三次」と並ぶ広重の代表作である。

関連リンク

版画江戸近郊八景図〈安藤広重筆/錦絵横大判〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東海道五拾三次之内 蒲原 夜之雪
東海道五十三次
東海道五十三次

歌川広重(1797~1858)画 保永堂版

紙本墨画凍雲篩雪図〈浦上玉堂筆/〉
絹本著色春靄起鴉図〈岡田半江筆/〉
版画大川端夕涼み図〈鳥居清長筆/錦絵、竪大判〉
ページトップへ