若狭国分寺跡 わかさこくぶんじあと

社寺跡又は旧境内 / 中部 

福井県
小浜市国分
指定年月日:19761223
管理団体名:小浜市(昭52・11・18)
史跡名勝天然記念物

 若狭国分寺跡は北を北川、東・西を遠敷川、松永川の各河川に囲まれている。
 昭和47年からの発掘調査の結果、伽藍中軸線上に、南より中門、金堂、講堂の遺構が明らかにされた。なかでも金堂跡は東西28.8メートル、南北21.9メートルを測り、基壇前面の東西2か所に階段がつき、さらに中門に連なる石敷参道が遺存している。また中門東方にある塔跡(一辺15.3メートル)は、すでに塔中心礎石等が失われているが基壇地業等がよく保存されているなど、方二町の寺域の中で伽藍枢要部はよく旧規をとどめている。
 本寺跡は諸国の国分寺跡に較べ、総じて各堂宇の規模は小さいが、その遺存度は良好であり、学術的価値は高い。

作品所在地の地図

関連リンク

若狭国分寺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

安芸国分寺跡
讃岐国分寺跡
下総国分寺跡<BR/> 附北下瓦窯跡
美作国分寺跡
信濃国分寺跡
ページトップへ