美濃金山城跡 みのかねやまじょうあと

その他の画像全4枚中4枚表示

城跡 / 室町  安土・桃山 / 中部 

岐阜県
戦国,安土桃山
岐阜県可児市
指定年月日:20131017
管理団体名:可児市(平26・3・24)
史跡名勝天然記念物

 美濃金山城跡は木曽川中流域の左岸、可児市兼山の古城山にある戦国期から織豊期にかけて営まれた山城である。江戸期の伝承によれば、天文6年(1537)美濃国守護代の一族である斎藤氏が築き、烏峰城と呼ばれたが、永禄8年(1565)織田信長の家臣森可成が城主となって金山城と名称を改めたとされる。嫡子長可、忠政と森氏が35年間にわたって城主をつとめ、織豊政権下の東美濃支配の拠点となった山城である。金山には川湊があり、木曽川舟運に大きな役割を果たしたと考えられている。慶長5年(1600)、関ヶ原の戦い直前に忠政は信濃川中島に転封され、金山城は犬山城主石川貞清が兼帯して支配するところとなり、慶長6年(1601)犬山城主小笠原吉次によって城が破城されたとされる。金山(明暦2年〈1656〉に兼山と改称)は幕府の代官支配を経て、元和元年(1615)尾張藩領となり城跡一帯は留山となった。明治以降官林(国有林)となり、昭和28年に兼山町(現、可児市)に払い下げられている。
 主郭から出丸までの山上部は岐阜県史跡に指定され保護されてきた。また、城跡の南側山麓部は公園として整備されている。金山城の諸施設が犬山城に移築されたという「金山越」の伝承(津田房勝『正事記』等)から、戦前から主郭部の建物跡に関心が向けられ、主郭部の測量調査や発掘調査等が行われてきたが、可児市教育委員会は平成18年度より城跡全体の測量と確認調査を実施し、全体構造等の究明に努めてきた。金山城跡は山上の最高所(標高276メートル)に主郭を設け、その東、南、西に続く尾根筋に、それぞれ数メートルの段差をもって曲輪群を配置している。北側にも小規模な曲輪があ…

作品所在地の地図

関連リンク

美濃金山城跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

唐沢山城跡
岐阜城跡
苗木城跡
佐土原城跡
都於郡城跡
ページトップへ