料亭河文表門、塀及び脇門 りょうていかわぶんおもてもん、へいおよびわきもん

その他の画像全2枚中2枚表示

近代その他 / 昭和以降 / 中部 

愛知県
昭和中/1950
木造、瓦葺、表門間口3.9m、脇門間口2.7m、塀延長25m
1棟
愛知県名古屋市中区丸の内2-12-19
登録年月日:20050209
株式会社河文
登録有形文化財(建造物)

名古屋城の南,東西に走る魚の棚通りに南面し,東寄りに表門を開き両脇を屋根付の高塀で仕切る。表門は棟門形式を基本とするが,前後一段下に庇を付け,前方の庇の正面は柱を立て3分し中央に戸口を構える。比例や形式を工夫して格式ある構えを実現している。

作品所在地の地図

関連リンク

料亭河文表門、塀及び脇門チェックした作品をもとに関連する作品を探す

料亭満佐表門及び塀
山口家住宅表門
料亭二蝶表門
川原田家住宅表門及び塀
慈願寺脇門及び築地塀
ページトップへ