遊佐家住宅馬屋 ゆさけじゅうたくうまや

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 大正 / 東北 

宮城県
大正/1912-1925
木造平屋建、茅葺(鉄板仮葺)、建築面積66㎡
1棟
宮城県登米市中田町石森二木121
登録年月日:20060302
登録有形文化財(建造物)

主屋の北東に位置する。桁行6間半,梁間3間半規模で,南正面1間通りを吹放ちとする。屋根は寄棟造の茅葺で鉄板を被せている。軒は四周をせがい造とする。内部は3室に間仕切り,東から2室を馬屋,西端室を物置とした。外壁は真壁造で白漆喰塗とする。

作品所在地の地図

関連リンク

遊佐家住宅馬屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

遊佐家住宅広間
遊佐家住宅味噌蔵
遊佐家住宅主屋
遊佐家住宅土蔵
上野家住宅主屋
ページトップへ