遊佐家住宅広間 ゆさけじゅうたくひろま

住居建築 / 昭和以降 / 東北 

宮城県
昭和前/1926-1988
木造平屋建、茅葺(鉄板仮葺)、建築面積65㎡
1棟
宮城県登米市中田町石森二木121
登録年月日:20060302
登録有形文化財(建造物)

敷地の西側,主屋の南に並ぶ,桁行5間,梁間3間半の木造平屋建で,三方に縁を巡らす。屋根は寄棟造で茅葺の上に鉄板を被せる。四周の軒をせがい造とする。内部は10畳2室で,南上手の座敷に床・棚・附書院,北下手の座敷に床・棚を備える。

作品所在地の地図

関連リンク

遊佐家住宅広間チェックした作品をもとに関連する作品を探す

遊佐家住宅馬屋
上野家住宅主屋
大木家住宅旧主屋
須藤家住宅主屋
遊佐家住宅主屋
ページトップへ