荻野家住宅内蔵 おぎのけじゅうたくうちぐら

住居建築 / 明治 / 関東 

栃木県
明治/1892
土蔵造2階建、瓦葺、建築面積71㎡
1棟
栃木県足利市通3-3545
登録年月日:20060803
登録有形文化財(建造物)

主屋の西方に位置し,南北棟で建つ。桁行4間,梁間2間半規模,切妻造,桟瓦葺の2階建土蔵で,東面に戸口を設け,1階南面と2階南北両面に窓を開ける。地棟の墨書から年代と「棟梁小林利助」が判明する。階段の側桁に繰形装飾を施すなど丁寧なつくりに特徴。

作品所在地の地図

関連リンク

荻野家住宅内蔵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

田沼家住宅土蔵
天海家住宅土蔵
松村家住宅内蔵
巖華園蔵
巖華園新蔵
ページトップへ