文化遺産オンライン

杉森家住宅主屋

すぎもりけじゅうたくしゅおく

概要

杉森家住宅主屋

すぎもりけじゅうたくしゅおく

近代その他 / 明治 / 九州 / 佐賀県

佐賀県

明治/1891/1970改修

木造2階建、瓦葺、建築面積202㎡

1棟

佐賀県武雄市山内町大字宮野字水尾345

登録年月日:20091102

登録有形文化財(建造物)

敷地のほぼ中央に東面して建ち、南北22m東西12m、入母屋造及び切妻造、桟瓦葺である。正面左手に張り出す、もと待合室は、外壁を下見板張とし、アーチ状の破風板を付けたポーチを構える。明治期の診療所及び製薬所としての平面構成を伝える。

杉森家住宅主屋をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

瓦葺 / / / 診療

関連作品

チェックした関連作品の検索