鹿島神宮楼門 かしまじんぐうろうもん

宗教建築 / 江戸 / 関東 

茨城県
江戸前期/1634
三間一戸楼門、入母屋造、銅板葺
1棟
茨城県鹿嶋市大字宮中
重文指定年月日:19660611
国宝指定年月日:
鹿島神宮
重要文化財

鹿島神宮の社殿は元和五年(一六一九)徳川秀忠の造営になる(重文)。
楼門は社殿の入口に建ち、寛永十一年(一六三四)に造られたものである。その大工に鎌倉時代以来の工匠の家柄坂上氏の一人、坂上吉正であった。形もよく、社殿の一環として重要なものであるばかりでなく、建築工匠史上の重要な資料となるものである。

作品所在地の地図

関連リンク

鹿島神宮楼門チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鹿島神宮仮殿
貫前神社 楼門
南宮神社 楼門
鹿島神宮 拝殿
鹿島神宮摂社奥宮本殿
ページトップへ