鹿島神宮仮殿 かしまじんぐうかりでん

宗教建築 / 江戸 / 関東 

茨城県
江戸前期/1619
桁行三間、梁間二間、一重、入母屋造、向拝一間、檜皮葺
1棟
茨城県鹿嶋市大字宮中
重文指定年月日:19760520
国宝指定年月日:
鹿島神宮
重要文化財

入母屋造、桧皮葺の仮殿(本殿造替時に祭神を仮に祀る建物)。すでに重要文化財に指定されている本殿などと同時期のもので、徳川秀忠の造営。
比較的簡素な意匠になるが、正統派の建築である。 元和造営時の社殿の一環として重要であり、仮殿の性格を示す一例としても貴重。

作品所在地の地図

関連リンク

鹿島神宮仮殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鹿島神宮楼門
鹿島神宮仮殿
東照宮 本殿、石の間、拝殿
鹿島神宮 幣殿
宇佐神宮本殿 (第一殿)
ページトップへ