Hikobekejuutaku Shuoku

彦部家住宅(群馬県桐生市広沢町) 主屋

Details

Hikobekejuutaku Shuoku

彦部家住宅(群馬県桐生市広沢町) 主屋

住居建築 / 江戸 / 関東

群馬県

江戸前期/1501-1600

桁行19.2m、梁間13.1m、入母屋造、茅葺、四面庇付、桟瓦葺、
北面突出部附属 桁行15.0m、梁間8.5m、切妻造、鉄板葺

1棟

群馬県桐生市広沢町六丁目877番地

重文指定年月日:19920810
国宝指定年月日:

重要文化財

彦部家は、永禄四年(一五六一)に現在地に定住したと伝える旧家で、小高い丘の東麓に広大な屋敷地を構える。屋敷地は南面し、そのほぼ中央の土塁で囲んだ一郭に、江戸時代に建築された主屋、長屋門、冬住みと称する隠居屋、文庫倉、穀倉が建ち並び、屋敷構えが良好に保存されている。
 主屋は、十七世紀中期の建築で、関東地方で有数の古い民家建築として価値が高い。

Related Works

Search items related to work chosen