浮田家住宅(富山県富山市太田南町) 表門 うきたけじゅうたく おもてもん

住居建築 / 江戸 / 中部 

富山県
江戸末期/1834
長屋門、桁行15.1m、梁間3.5m、寄棟造、茅葺
1棟
富山県富山市太田南町110番地
重文指定年月日:19790521
国宝指定年月日:
富山市
重要文化財

江戸時代には加賀藩の奥山廻り役を勤めていた旧家で、富山平野に分布する この種大型農家のうちでも、特に規模が大きく、質が良い、石置板葺の庇や下屋が残っているのは貴重であり、また、「枠の内」と称する「ひろま」の梁組は豪壮で見応えがある。 屋敷構は広大で、周囲に堀を廻らしており、表門や土蔵など附属屋も残されている。

作品所在地の地図

関連リンク

浮田家住宅(富山県富山市太田南町) 表門チェックした作品をもとに関連する作品を探す

浮田家住宅(富山県富山市太田南町) 土蔵
浮田家住宅(富山県富山市太田南町) 主屋
安藤家住宅(山梨県中巨摩郡甲西町) 表門
安藤家住宅(山梨県中巨摩郡甲西町) 南蔵
安藤家住宅(山梨県中巨摩郡甲西町) 主屋
ページトップへ