守峰筆 源平合戦「屋島壇ノ浦図」屏風 しゅほうひつげんぺいかっせん「やしまだんのうらず」びょうぶ

日本画 / 江戸 / 香川県 

守峰
しゅほう
香川県高松市
江戸時代後期
屏風装、紙本著色
155.0×363.0
1
香川県高松市
6曲1隻
香川県立ミュージアム

屋島合戦における代表的な武勇伝を描く。画面中央から右にかけて那須与一が扇の的を射落とす場面、また画面上部中央に平家方の悪七兵衛(あくしちびょうえ)景清が、源氏方の三穂屋(みおのや)十郎の兜(かぶと)の錣(しころ)を引きちぎる場面などを描き出している。画面左下には源義経と弁慶の姿もみえる。江戸時代に数多く制作された屋島合戦図屏風の一つで、特に本図は人物描写を大きくするところに特徴があり、落款によって守峰なる絵師の制作とわかる。

作品所在地の地図

関連リンク

守峰筆 源平合戦「屋島壇ノ浦図」屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

源平合戦図屏風(屋島合戦図)
源平合戦図屏風
源平合戦図屏風(一の谷・屋島合戦図)
源平合戦図屏風 
源平合戦図屏風 二曲一双
ページトップへ