日傘の裸婦 ひがさのらふ

油彩画 / 大正 / 日本 

萬鉄五郎 (1885-1927)
よろずてつごろう
1913
油彩,カンヴァス
80.5×53.0
神奈川県立近代美術館

1913年(大正2)の第2回フュウザン会には、「エチュード」という題名で出品された。裸婦と傘という奇妙な取り合わせを萬は好んだ。日傘を通した光は、肌に緑色の影をつくっている。ごつごつと肉付けされた裸体は、美しい裸婦像とはいいがたいが、人体をとらえる萬の鋭い眼と筆が感じられるすぐれた作品となっている。

作品所在地の地図

関連リンク

日傘の裸婦チェックした作品をもとに関連する作品を探す

水着姿
水着姿

萬 鐵五郎

裸婦(ほお杖の人)
照りつつ降る日
照りつつ降る日

萬 鐵五郎

裸体美人
裸体美人

萬鉄五郎

赤い目の自画像
赤い目の自画像

萬 鐵五郎

ページトップへ