肥後マロ塚古墳出土品 ひごまろづかこふんしゅつどひん

考古資料 / 古墳 / 関東 

千葉県
古墳
一括
国立歴史民俗博物館 千葉県佐倉市城内町117
重文指定年月日:19810609
国宝指定年月日:
登録年月日:
大学共同利用機関法人人間文化研究機構
国宝・重要文化財(美術品)

有明海に注ぐ菊池川の一支流である合志川は、合志盆地の西端部を流れる。マロ塚古墳は、この西方丘陵にある古墳群のうちの一つで、径十五メートルほどの円墳といわれている。本遺品(鉄眉庇付冑【てつまびさしつきがぶと】、鉄衝角付冑【てつしようがくつきがぶと】、鉄短甲【てつたんこう】、鉄頸甲【てつあかべよろい】)はここからの出土品として将来されているもので、いずれも完存な保存状態を示している。

作品所在地の地図

関連リンク

肥後マロ塚古墳出土品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

下野七廻り鏡塚古墳出土品
対馬シゲノダン遺跡出土品
紀伊大谷古墳出土品
大和新沢干塚一二六号墳出土品
肥後江田船山古墳出土品
ページトップへ