新潟県小千谷市 俣沢(またさわ)遺跡出土土器

土器・土製品類 / 縄文 / 新潟県 

新潟県立歴史博物館

縄文時代中期(約5500年前)、器高17cm、口径15cm
縄文土器は年代や地域によって異なります。現代の新潟県にほぼ相当する地域は、火焔土器を典型としています。俣沢遺跡出土土器は、鶏頭冠と呼んでいる火焔土器の最大の特徴であるニワトリのトサカ状の突起はありませんが、土器表面の文様が共通します。

作品所在地の地図

関連リンク

新潟県小千谷市 俣沢(またさわ)遺跡出土土器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

把手付深鉢
寺原遺跡出土の線刻画土器
深鉢形土器/新潟県堂平遺跡出土
火焔型土器
火焔型土器
ページトップへ