旧金岡家住宅新屋 きゅうかなおかけじゅうたくしんや

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 大正 / 中部 

富山県
大正/1912-1925
木造平屋建,瓦葺,建築面積246㎡
1棟
富山県富山市新庄町1-5-24
登録年月日:19980723
富山県
登録有形文化財(建造物)

主屋の北西方に接続して建つ接客用の建物。切妻造,妻入の奥行の長い建物で正面に玄関が取り付いた意匠に特徴がある。良質の檜や欅,各種の銘木,趣向を凝らした壁や襖等を用いた室内の意匠にもみどころがある。設計は,清水組の西原兵治と伝える。

作品所在地の地図

関連リンク

旧金岡家住宅新屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧金岡家住宅主屋
旧金岡家住宅門
旧金岡家住宅土蔵
小島家住宅座敷
澤田家住宅主屋
ページトップへ