太田の大トチノキ おおたのおおとちのき

その他の画像全2枚中2枚表示

天然記念物 / 中部 

石川県
白山市白峰
指定年月日:19930406
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 トチノキは、トチノキ科トチノキ属に属する我が国の固有種で、本州と四国には広く、北海道では道南地方に、また九州には極く稀に分布する落葉高木である。トチノキは、主として冷温帯の沢沿いに成立する渓谷林を構成する主要樹種のひとつである。本種は大高木で、目通り幹周が5メートルを越える巨木が珍しくない。大高木であることに併せて、灰褐色の樹皮が鱗状の厚い片となって剥離してできる特異な紋様がいっそう人目を引く。
 サポニンを含むトチノキの大粒の堅果は、直ちに食用とすることはできないものの、いわゆるアク抜きを施せば効率よく澱粉を得ることができ、乾燥の後は長期貯蔵にも耐えるなど、山間部では重宝な保存食料として古くから広く利用されてきた。
 本州中部の多雪地帯に位置する白山の麓にも、このトチノキは多い。加賀平野を北流して日本海に注ぐ手取川は、上流部で幾本もの支流をもつ。それらの支流はさらに大小の枝谷を幾本ももつが、そのひとつが石川県白峰村大道谷地区の太田谷である。この谷の林道脇に、「太田の大栃」の名で土地の人の間で親しまれかつ敬われてきたトチノキの巨木がある。この巨木は目通り幹周が13メートル、高さ25メートルあって、威風を放っている。主幹上部はすでに失なわれて久しいが、地上10メートルほどの位置で分岐する5本の太い幹からは太い枝が垂直に伸び、その樹勢はなお衰えていない。残る巨幹の内部は大人が20人も入ることができる洞となっている。かつてこの地方では焼き畑を中心とする出作り耕作が盛んであったが、「太田の大栃」の周囲でも昭和30年代中頃まで耕作が営まれ、その後は…

作品所在地の地図

関連リンク

太田の大トチノキチェックした作品をもとに関連する作品を探す

畑上の大トチノキ
天皇子神社のケヤキ
田原のイチョウ
小黒川のミズナラ
追手神社のモミ
ページトップへ