日影沢上流域床固工 ひかげさわじょうりゅうとこがためこう

近代その他 / 大正 / 中部 

新潟県
大正/1912-1925/1937増築
石造床固工5基よりなる、延長31m、支川床固工1基付
1所
新潟県妙高市大字西野谷
登録年月日:20030701
新潟県
登録有形文化財(建造物)

万内川右支日影沢の上流域に位置する砂防施設。堤長6mから21m,堤高1.5mから3mの石造谷積の構造物を,約40%勾配の斜面に5基配し,支川が右岸側から合流する。切石により精緻に築かれた構造物で,急勾配斜面の地盤安定に効果を発揮している。

作品所在地の地図

関連リンク

日影沢上流域床固工チェックした作品をもとに関連する作品を探す

日影沢中流域床固工
日影沢一号床固工
クズレ沢斜路工
万内川十二号堰堤
万内川四号堰堤
ページトップへ