エヒメアヤメ自生南限地帯 えひめあやめじせいなんげんちたい

その他の画像全3枚中3枚表示

天然記念物 

2県以上
松山市、防府市西浦、佐賀市久保泉町、小林市
指定年月日:19251008
管理団体名:松山市(大15・4・23)
史跡名勝天然記念物

エヒメアヤメは山地のアカマツなどの疎林下に生育する,草丈15〜30cmの小型で美しい多年生草本である。朝鮮,中国(中北・北東部)を中心に,西日本で点々と遺存的に分布し,分布の南限となっている。アジア大陸と日本列島西南部の植物相を知る上で,貴重な植物である。本種は明るい場所を好む陽生植物であり,森林が発達したり,周囲の植物が繁茂すると生育できないため,十分な管理が必要である。

作品所在地の地図

関連リンク

エヒメアヤメ自生南限地帯チェックした作品をもとに関連する作品を探す

小串エヒメアヤメ自生南限地帯
沼田西のエヒメアヤメ自生南限地帯
オオヨドカワゴロモ自生地
吐山スズラン群落
田島ヶ原サクラソウ自生地
ページトップへ