旧鈴木家住宅(肝煎りの家) きゅうすずきけじゅうたく(きもいりのいえ)

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 江戸 / 東北 

岩手県
江戸/1830-1867/1994移築
木造平屋建、茅葺、建築面積380㎡
1棟
岩手県遠野市附馬牛町上附馬牛5-89-1
登録年月日:20061018
登録有形文化財(建造物)

園内敷地の東方に移築された農家建築で,桁行12間,梁間6間の規模に土間,馬屋部分を突出させ曲り屋とする。木造平屋建,寄棟造,茅葺で,床の間付10畳奥座敷に15畳の座敷を続け,さらに8畳の中間をとる。東北地方でも規模の大きな曲り屋民家である。

作品所在地の地図

関連リンク

旧鈴木家住宅(肝煎りの家)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧菊池家住宅(大野どん)
旧川前家住宅主屋
旧佐々木家住宅主屋
旧菊池サイ家住宅
旧菊池喜右ヱ門家住宅
ページトップへ