文化遺産オンライン

旧福井家住宅主屋

きゅうふくいけじゅうたくおもや

作品概要

旧福井家住宅主屋

きゅうふくいけじゅうたくおもや

住居建築 / 大正 / 中国・四国

広島県

大正/1912/1927増築

木造平屋建、瓦葺、建築面積210㎡

1棟

広島県尾道市東土堂町163-1他

登録年月日:20041108

登録有形文化財(建造物)

尾道水道に臨む斜面に南面して建ち,寄棟造の東棟が大正元年,入母屋造の西棟が昭和2年で,ほぼ中央の玄関を挟んで巧みに連続する。木造平屋建,桟瓦葺で,檜を中心に楓や鉄刀木などの銘木を多用した上質なつくりになり,瀟洒な数寄屋風の意匠で纏めている。

関連作品

チェックした関連作品の検索