松田和雄家住宅土蔵 まつだかずおけじゅうたくどぞう

住居建築 / 江戸 / 東北 

青森県
江戸/1862/1882・1912増築
土蔵造平屋一部2階建、鉄板葺、建築面積117㎡
1棟
青森県平川市金屋中早稲田142
登録年月日:20051226
登録有形文化財(建造物)

敷地西辺の出入口南脇に建ち,3棟の蔵を連続して,全体を木造の覆い屋で覆う。桁行全長10間半,梁間最大3間の規模で,切妻造,置屋根形式,平入で両端土蔵は平屋で,中央が2階建である。各戸口を掛子塗とし,窓枠飾などに技術の高い左官仕事を見せる。

作品所在地の地図

関連リンク

松田和雄家住宅土蔵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

駒井忠雄家住宅土蔵
駒井光芳家住宅土蔵
佐藤政衛家住宅土蔵
佐藤義秋家住宅土蔵
小野智栄家住宅土蔵
ページトップへ