三楽荘門及び塀 さんらくそうもんおよびへい

その他の画像全2枚中2枚表示

近代その他 / 昭和以降 / 中国・四国 

広島県
昭和前/1926-1945
門 木造、瓦葺、間口1.8m 塀 木造、瓦葺、延長13m
1棟
広島県庄原市東城町東城字上町345-1他
登録年月日:20110126
庄原市
登録有形文化財(建造物)

敷地の東辺、離れ前面に建つ門と塀である。門は一間腕木門、切妻造桟瓦葺で、方立をたてて板戸を吊る。塀は、延長一三メートル、両下造桟瓦葺で、腰に幅広の欅板を横張し、上部を土壁とする。いずれも欅の良材が用いられ、格調のある屋敷構えをつくる。

作品所在地の地図

関連リンク

三楽荘門及び塀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

矢田貝家住宅庭門
三楽荘本館
旅館金波楼正門及び塀
坂口家住宅門及び塀
賀茂泉酒造門及び塀
ページトップへ