文化遺産オンライン

崇福寺媽姐門

そうふくじまそもん

作品概要

崇福寺媽姐門

そうふくじまそもん

宗教建築 / 江戸 / 九州

長崎県

江戸中期/1666

三間三戸八脚門、入母屋造、桟瓦葺

1棟

長崎県長崎市鍛冶屋町

重文指定年月日:19720515
国宝指定年月日:

崇福寺

重要文化財

崇福寺は長崎の唐三箇寺の一つで、禅宗黄檗派の寺院として夙に知られる。媽姐門は菩薩門とも呼ばれ、三間三戸の三棟造の八脚門形式になる。 前面は黄檗系の建物によくみられる輪垂木の化粧屋根裏とし、意匠的にもみるべきものがある。
崇福寺の伽藍景観を形成する一要素として重要な建物である。

崇福寺媽姐門をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

長崎 / / 大雄 / 宝殿

関連作品

チェックした関連作品の検索