不動院金堂 ふどういんこんどう

宗教建築 / 室町 / 中国・四国 

広島県
室町後期/1540
桁行三間、梁間四間、一重もこし付、入母屋造、こけら葺
1棟
広島県広島市東区牛田新町三丁目
重文指定年月日:19000407
国宝指定年月日:19580208
不動院
国宝

広島市郊外の真言宗不動院の金堂であるが、天正年間に安国寺恵瓊が山口より移建した。もとは戦国大名の大内義隆が創建した禅宗寺院香積寺の仏殿で、天井絵の銘文より天文9年(1540)の建立とわかる。中世禅宗仏殿で最大規模を誇り、構造細部は禅宗様の典型で、本尊空間と礼拝空間からなる内部は、失われた中世五山仏殿を思わせる。

作品所在地の地図

関連リンク

不動院金堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

不動院鐘楼
泉福寺仏殿
大乗寺仏殿
善通寺 金堂
竹林寺本堂
ページトップへ