武重本家酒造及び武重家住宅離れ たけしげほんけしゅぞうおよびたけしげけじゅうたくはなれ

住居建築 / 大正 / 中部 

長野県
大正/1912-1925
木造2階建、瓦葺、建築面積88㎡
1棟
長野県佐久市茂田井字東町2179
登録年月日:20000926
登録有形文化財(建造物)

屋敷地南西端隅部に石積擁壁を築いて整地した南北に長い敷地の奥寄りに建つ。桁行5間半,梁行4間半規模の南北棟,桟瓦葺,切妻造で,主屋からは西蔵経由の登廊でつながれ,南側に8畳間と6畳間を配置し,西塀に沿って便所と浴室を延ばす。

作品所在地の地図

関連リンク

武重本家酒造及び武重家住宅離れチェックした作品をもとに関連する作品を探す

武重本家酒造及び武重家住宅井戸小屋
武重本家酒造及び武重家住宅東蔵
武重本家酒造及び武重家住宅旧細工小屋
武重本家酒造及び武重家住宅門長屋
武重本家酒造及び武重家住宅奥座敷
ページトップへ