武重本家酒造及び武重家住宅門長屋 たけしげほんけしゅぞうおよびたけしげけじゅうたくもんながや

住居建築 / 江戸 / 中部 

長野県
江戸/1751-1829
木造平屋建、瓦葺、建築面積24㎡
1棟
長野県佐久市茂田井字東町2179
登録年月日:20000926
登録有形文化財(建造物)

東蔵の西に接続する長屋門風の建屋で,西に店が連なる。桁行5間半,梁行2間規模の東西棟,桟瓦葺,切妻造,平入で,東蔵寄りの2間半を門に充てる。旧中山道に沿った南面は,腰を押縁下見,小壁を真壁造とし,間に連子窓を入れて表構えを整えている。

作品所在地の地図

関連リンク

武重本家酒造及び武重家住宅門長屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

武重本家酒造及び武重家住宅西蔵
武重本家酒造及び武重家住宅店
武重本家酒造及び武重家住宅南蔵
武重本家酒造及び武重家住宅東蔵
武重本家酒造及び武重家住宅もみ蔵
ページトップへ