黒蝋色塗朝香宮家紋散蒔絵調度 くろろいろぬりあさかのみやかもんちらしまきえちょうど

その他の画像全13枚中13枚表示

工芸  漆工 / 昭和以降 / 日本  九州  佐賀県 

黒江屋漆器店
くろえやしっきてん
昭和5年/1930年
木製 漆塗 蒔絵 
竪40.5cm 横10.3cm 高7.3cm
1合
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

13代鍋島直泰夫人紀久子の婚礼調度の一つ。箪笥や長持、文房具や化粧道具、飲食具など、24種類(うち22種類が現存)もの調度類すべてに朝香宮家の家紋を付け、納品に際しては「精々入念御調製」した旨を記している。黒江屋漆器店は元禄2年(1689)創業とされる老舗の漆器店で、現在も日本橋に店を構えている。黒江屋の商標は丸に柏マークであるが、これは19世紀初頭に呉服小間物屋の柏屋に経営権が移ったことに由来している。

作品所在地の地図

関連リンク

黒蝋色塗朝香宮家紋散蒔絵調度チェックした作品をもとに関連する作品を探す

雛段飾り(鍋島紀久子所用)
染付朝香宮家紋付折技菊模様食器
染付朝香宮家紋付折技菊模様食器

富田屋號 櫻井仙造

黒漆塗杏葉紋散唐草蒔絵茶弁当
黒漆塗雪薄竹に雀紋桜枝散蒔絵厨子棚
銀製雛道具
ページトップへ