四種盤 ししゅばん

その他の画像全2枚中2枚表示

その他 / 明治 / 佐賀県 

佐賀県
江戸時代後期~明治時代/19世紀~20世紀
木製
(盤)高7.5cm 竪18.3cm 横23.9cm
1具
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
http://www.nabeshima.or.jp
公益財団法人鍋島報效会

源平香、競馬香、名所香、矢数香という四種類の組香に使う諸道具と、収納箱を兼ねる盤のセット。香木を聞き分けた当否により、駒を進めたり、旗や造花を盤上に立てて競技する。富美宮允子内親王(朝香宮妃)が祖母にあたる英照皇太后(孝明天皇妃)のご遺物として拝領したという由来をもつ。允子妃の長女である紀久子女王が昭和6年に鍋島家12代鍋島直映嗣子の直泰へ降嫁したことから鍋島家に伝わった。

作品所在地の地図

関連リンク

四種盤チェックした作品をもとに関連する作品を探す

牙彫雛祭之図
牙彫雛祭之図

小倉まさ女

沃懸地松千鳥蒔絵十種香箱・火取香炉
銀製花鳥文花盛器
銀製花鳥文花盛器

小林時計店美術部

五衣・唐衣・裳
牙彫双鶏置物
ページトップへ