牙彫雛祭之図 げちょうひなまつりのず

その他の画像全4枚中4枚表示

工芸  その他 / 明治 / 日本  九州  佐賀県 

小倉まさ女
おぐらまさじょ
象牙 
(像)高28.5cm (台)竪15.3cm 横18.6cm 高10.4cm
1点
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

男雛を左手に、叩を右手に持ち、雛祭りの準備に取りかかる女性を表した象牙彫りの像。底面に陰刻銘「満さ女」、貼付紙墨書「登山」。明治天皇の内親王である朝香宮允子妃が大正3年(1914)9月26日に、昭憲皇太后(明治天皇の皇后)の御遺物として拝領したもの。允子妃の第一王女紀久子は昭和6年(1931)に鍋島家13代当主直泰へ降嫁している。

作品所在地の地図

関連リンク

牙彫雛祭之図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

四種盤
牙彫双鶏置物
次郎左衛門雛
鼈甲製菊花鉢植棚飾
雌雄小禽入金色鳥籠
ページトップへ