五衣・唐衣・裳 いつつぎぬ・からぎぬ・も

工芸  染織 / 昭和以降 / 日本  九州  佐賀県 

昭和初期/20世紀
 
(唐衣)丈51.3cm 裄66.4cm (五衣)丈195.3cm 裄73.0cm (裳)腰幅49.0cm 丈170.9cm
1領
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

紫地亀甲鶴丸模様唐衣、白地若松立涌模様五衣、白地四ッ菱格子桐竹鳳凰文様裳からなる。唐衣裳は、別名「十二単」とも称される、宮中における女性の正装。十二単は表着の下に十二枚もの袿を襲ねたことからそう呼ばれたが、平安時代後期より五枚となり、近世以降は五衣と呼ばれた。正式な構成は、写真にある五衣・唐衣・裳の他に小袖や袴など五種類の衣裳を着ける。これに檜扇を持ち、懐には帖紙を入れ、頭に髪上具をつけ、朝廷での即位式や大嘗祭などの儀式に臨んだ。当時の写真から、昭和3年(1928)の即位の礼の時に、朝香宮允子妃が着用した装束かと考えられる。允子妃の第一王女紀久子は昭和6年、13代鍋島直泰に降下している。

作品所在地の地図

関連リンク

五衣・唐衣・裳チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紅地菱繋牡丹尾長鶏模様小袿・緋袴
四種盤
紅地桐唐草鳳凰文様舞衣
牙彫雛祭之図
牙彫雛祭之図

小倉まさ女

女房装束  
ページトップへ