鍋島小紋裃 なべしまこもんかみしも

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸  染織 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

江戸時代末期
麻地
肩衣丈87.5cm 裄38.8cm 袴丈92.0cm
1領
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

裃は武家の公服で、麻を正式とし、ひとえ仕立が一般的である。江戸時代、将軍家や大名家は裃に用いるための専用の柄を定め、他家にその使用を禁止したと言われている。これは留柄と呼ばれたが、佐賀藩では胡麻殻の断面と七曜を組み合わせた柄を用い、これを「鍋島小紋」とよんでいる。鍋島小紋柄を全面にあしらい、杏葉紋をあらわしたこの裃は10代鍋島直正が着用したものである。

作品所在地の地図

関連リンク

鍋島小紋裃チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紅地杏葉唐草文様直垂
浅葱麻地鮫小紋輪違いに二引紋付裃
鍋島直正公御実歴一百図
鍋島直正公(閑叟公)実歴百話
鍋島直正公(閑叟公)実歴百話

西村謙三著、肥前史談会発行

村梨子地杏葉紋揚羽蝶紋散鼻紙台
ページトップへ