浅葱麻地鮫小紋輪違いに二引紋付裃

その他の画像全3枚中3枚表示

染織 / 江戸 

江戸時代・19世紀
肩衣:丈60.5 裄35.4 袴:丈73.0 腰幅22.5
1具

 江戸時代、武士たちの出仕には、肩衣と袴の上下セットである麻裃の下に熨斗目とよばれる小袖を着用した。平常は半袴だが、式日には長袴を着用。裃に染められた小紋や熨斗目の腰替わり部分の格子柄にはさまざまなヴァリエーションが見られた。  

作品所在地の地図

関連リンク

浅葱麻地鮫小紋輪違いに二引紋付裃チェックした作品をもとに関連する作品を探す

裃 縹麻地波に丁字小紋
上下
長裃 鶸色麻地松葉小紋 三つ葉葵紋付
鍋島小紋裃
肩衣 藍麻地鳥居杉木立模様
ページトップへ