文化遺産オンライン

上下

作品概要

上下

染織 / 江戸

江戸時代・17~18世紀

1具

麻地に一色で小紋を全身に染め、両胸と背中、および袴(はかま)の腰板に白く染め抜いて上絵を施した家紋がつく。現代のスーツのように、武士の出仕の際の公服とされ、熨斗目(のしめ)と呼ばれる小袖の上に着用した。正装には長袴を用い「長裃」と称した。20090624_h22

上下をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 小紋 / 着用 /

関連作品

チェックした関連作品の検索